浸潤性乳癌

患者様向けFAQ

Oncotype DX乳がん検査とは何ですか?

Oncotype DX乳がん検査は、乳がんの患者様とその主治医*がより多くの情報に基づいて個別化した治療計画を立てるのに役立ちます。この検査は患者様のがんの持っているがん関連遺伝子の発現を調べて、がんが再発する可能性を予測する数値をお知らせします。また、Oncotype DX乳がん検査は、ホルモン療法に化学療法(早期乳がんによく用いられる薬物)を追加することでどれほどの効果が得られそうかという情報も提供します

どんな人が適していますか?

新たに、エストロゲン受容体陽性(ER+)、ヒト上皮増殖因子受容体2陰性(HER2-)、リンパ節転移陰性(N-)のステージI、IIまたはIIIaの浸潤性乳がんと診断された患者様また、リンパ節転移が1~3個、のER+、HER2-の乳がんと診断された患者様もOncotype DX乳がん検査を受ける候補となります。詳しくは適格性セクションをご覧下さい

乳がんのステージは何によって区別されるのですか?

主治医の乳腺外科医またはがん専門医にお尋ね下さい。

ER+は何を意味しますか?

ER+はエストロゲン受容体陽性を意味します。エストロゲンは体内の多くのホルモンの1つであり、女性的な特徴の発達を引き起こしたり生殖プロセスを促進したり、その他多くの役割を果たします。乳房にある細胞の一部は、エストロゲンによって活性化されるエストロゲン受容体を持っています。乳房内のがん細胞がエストロゲン受容体を持っている場合、それは「ER+」に分類されます。逆に、これを持っていないがんは「ER-」に分類されます。ER+の乳がんの患者様はOncotype DX乳がん検査に適格となり得ます。ER+の患者様は一般にホルモン療法に反応することが複数の試験によって示されています。

HER2は何を意味しますか?

HER2はある種のがんの原因となる遺伝子です。HER2はヒト上皮増殖因子受容体2(Human Epidermal growth factor Receptor 2)を意味します。乳がんのHER2発現状態を検査すると、その結果は陽性または陰性で示されます。結果がHER2陽性であれば、抗HER2療法の候補となり得ます。

Oncotype DX乳がん検査に適格となるのはHER2陰性乳がんの患者様だけです。

リンパ節転移陰性とは、どのような意味ですか?

体内には多くのリンパ節があります。リンパ節は、細菌やウイルスといった望ましくない粒子を体内から排除するのを助ける小さな器官です。がんが近くのリンパ節に広がっていない場合、それは「リンパ節転移陰性(N-)」に分類されます。がんがリンパ節に見つかった場合、それは「リンパ節転移陽性(N+)」に分類されます。

リンパ節転移陰性(N-)の乳がんの患者様はOncotype DX乳がん検査に適格となり得ます。リンパ節転移陽性(N+)の患者様も、転移したリンパ節の個数が3個までであれば、この検査の適格となり得ます。

お問い合わせ

お問い合わせ
Making cancer care smarter.™
X

本サイトはクッキーを使用します。これらのクッキーは、どのページが最も頻繁に閲覧されているかや、訪問者がウェブページからエラーメッセージを受け取っているかなど、どのようにウェブサイトが利用されているかに関する情報を収集します。これらのクッキーは、訪問者を特定する情報は収集しません。これらのクッキーが収集するすべての情報は、ウェブサイトの改善を目的に限定して利用されます。本ウェブサイトの使用を続けることで、お客様は、当社がお客様のデバイスにクッキーを置くことに同意することになります。詳しくは、当社の個人情報保護に関するポリシーをお読みください。