オンコタイプDX乳がん再発スコア™検査

オンコタイプDX™検査は、実臨床に有用な価値を提供します

リンパ節転移陰性早期乳がん

オンコタイプDX乳がん再発スコア™検査は、ホルモン受容体陽性、HER2陰性、 リンパ節転移陰性の早期浸潤性乳がん患者さんにおける化学療法の効果を予測することが確認されている唯一の検査であり、治療方針決定の指針となります1–3

TAILORx試験およびNSABP-20試験の結果は、化学療法の効果が得られない患者さんが多数いることを示しました2,3

オンコタイプDX 検査は治療方針決定の指針となります

臨床的エビデンスから以下のことが実証されています。

  • 再発スコア™結果が0~25の患者さんでは全体的に、内分泌療法に化学療法を上乗せしても、効果が得られません1–3
  • 再発スコア結果が26~100の患者さんでは、内分泌療法に化学療法を上乗せすることにより、群として26%の上乗せ効果が得られます1,3
  • 探索的解析の結果、50歳以下で再発スコア結果が16~25の場合、一部の患者さんにおいて、化学療法の上乗せ効果が示唆されています2,16
再発スコア結果および年齢に基づく治療方針決定の指針

TAILORx試験の探索的解析から、無浸潤疾患生存*および無再発期間**に関する化学療法の効果は、年齢および再発スコア結果によって有意に異なると考えられます

a DRFI:無遠隔再発期間
* 無浸潤疾患生存:遠隔再発、局所・領域再発、対側乳がん又は二次原発がん、又は再発を伴わない死亡により定義
** 無再発期間:すべての遠隔および局所再発により定義

オンコタイプDX検査は過剰治療および過小治療のリスクを減らします

  • 実臨床を反映した意思決定への影響試験において、オンコタイプDX乳がん再発スコア検査を用いることで、過半数に及ぶ症例の治療方針が変更されました4-11
  • 臨床的因子(腫瘍径、グレード、臨床的リスクカテゴリー)は予後を予測することができますが、化学療法の効果予測には不十分であることが実証されています2

再発スコア結果が11~25の患者さんのうち、内分泌療法に化学療法を上乗せすることで効果が得られるサブグループの有無を評価するために、探索的解析が実施されました2

a 修正版Adjuvant!Onlineによる臨床的リスクのカテゴリー:グレード1かつ腫瘍径3 cm以下、グレード2かつ腫瘍径2 cm以下、またはグレード3かつ腫瘍径1 cm以下であれば臨床的低リスク、これ以外のグレードと腫瘍径に該当する場合は臨床的高リスク

オンコタイプDX検査によって過剰治療および過小治療のリスクが減少します2

臨床的高リスクaであった患者さんの73%は再発スコア結果が0~25であり、再発スコア結果がなければ過剰治療を受けていた可能性があります2

臨床的高リスクの患者さん

化学療法を回避できる可能性がある

再発スコア結果が26~100であった患者さんの43%は臨床的に低リスクaであり、再発スコア結果がなければ過小治療を受けていた可能性があります2

臨床的低リスクの患者さん

化学療法が救命的となる可能性がある

a グレード1かつ腫瘍径3 cm以下、グレード2かつ腫瘍径2 cm以下、またはグレード3かつ腫瘍径1 cm以下であれば臨床的低リスク、これ以外のグレードと腫瘍径に該当する場合は臨床的高リスク

オンコタイプDX乳がん再発スコア™検査は、リンパ節転移陽性又は陰性、ホルモン受容体陽性、HER2陰性の早期乳がん患者さんにおける術後化学療法の指針を示す標準的な検査法です

臨床的リスク因子のみでは化学療法の効果を十分に予測できません2,15 。オンコタイプDX乳がん再発スコア検査は、

  • 化学療法を回避できる可能性のあるすべての患者さん
  • 化学療法が救命的となる可能性があるすべての患者さん

のために役立ちます。

リファレンス
  1. Paik et al. J Clin Oncol. 2006.
  2. Sparano et al. N Engl J Med. 2018.
  3. Geyer et al. NPJ Breast Cancer. 2018.
  4. Barni et al. ESMO. 2018.
  5. Gligorov et al. Oncologist. 2015.
  6. Curtit et al. Breast. 2019.
  7. Barni et al EBCC. 2018.
  8. Battisti et al. EBCC. 2019.
  9. Petráková et al. St Gallen conference. 2019.
  10. Davidson et al. Eur J Cancer. 2013.
  11. Levine et al J Clin Oncol. 2015.
  12. Sparano and Paik. J Clin Oncol. 2008.
  13. Sparano et al. N Engl J Med. 2015.
  14. Blok et al. Cancer Treatment Reviews. 2018.
  15. Albanell et al. Eur J Cancer. 2016.
  16. Hochheiser. J Comp Eff Res. 2019.
  17. Bello et al. Ann Surg Oncc 2018.
  18. Sparano et al. N Engl J Med. 2019.

お問い合わせ

お問い合わせ
Making cancer care smarter.™
X

本サイトはクッキーを使用します。これらのクッキーは、どのページが最も頻繁に閲覧されているかや、訪問者がウェブページからエラーメッセージを受け取っているかなど、どのようにウェブサイトが利用されているかに関する情報を収集します。これらのクッキーは、訪問者を特定する情報は収集しません。これらのクッキーが収集するすべての情報は、ウェブサイトの改善を目的に限定して利用されます。本ウェブサイトの使用を続けることで、お客様は、当社がお客様のデバイスにクッキーを置くことに同意することになります。詳しくは、当社の個人情報保護に関するポリシーをお読みください。